ラピードアクト帰社報告会~第7期末~

管理部の秦と申します。 普段は、人事や営業事務、庶務関係に携わり、書類作成や技術者のサポートを行っています! 趣味は、美味しい物を食べる事です♪ よろしくお願いいたします。

皆さんこんにちは。ラピー女事務局でございます。

SES(システムエンジニアリングサービス)事業をメインに行っている弊社では、
月に一度、『帰社報告会』という場を設けています。

技術者の多くは案件先に常駐している事がほとんどの為、この『帰社報告会』が、
従業員同士のコミュニケーションや情報交換をする、とても貴重な場になります。
事務所に集まり、福岡と東京はzoomで繋いで共有しあいます。

6月はラピードアクトの期末ということもあり、今回の帰社報告会は通常とは異なります。

それでは、第7期末の帰社報告会の様子をご覧くださいませ。

 


 

■ホームページ・社内システム状況報告

毎月、ラピードアクトHP推進係より、今月の更新状況について報告をしています。
最新の状態で、皆さんに当社の事をご覧いただけるように日々更新をしています。
(HP:ラピードアクト株式会社 (rapide-act.com)

   

次に、社内システム開発メンバーからも、更新状況・今後の予定の共有です。
こちらの時間は、技術者の皆さんが現場業務のみならず、社内業務でも活躍されていると実感することができます。
(社内開発メンバーのインタビュー記事)
社内システムについて開発メンバーを直撃取材!~第一弾~ – ラピー女channel (rapide-act-gl.com)
社内システムについて開発メンバーを直撃取材!~第二弾~ – ラピー女channel (rapide-act-gl.com)

   

■案件報告

技術者の皆さんが実際に参画されている案件について報告する時間を設けています。

案件の状況や使用している言語・ツール、学んだこと、インシデントなどを報告していきます。
インシデントに対してどのように対処したかなど、違う現場だからこそ参考になる情報交換もできます。
また、問題点・悩み・不明点を発表する事で、先輩技術者によるアドバイスなどもあり、交流の場としても有意義な時間となっています。

■今期の振り返りと来期に向けて

通常、会社の動向や人事動向の連絡をしていますが、期末ということで、社長より今期全体の振り返りも行っていただきます。

この1年も様々な事がありました。社長室の設置や、CollaboRancer、ラピー女channelが開始したのも第7期でした。

そして、1年を通した表彰者の発表が行われます。
選ばれた社員は恥ずかしながらも、どこか誇らしげな表情が見られます。
昇進者の発表もこのタイミングです。これからのラピードアクトを、背負っていかれると期待されています。

  

今期の目標の振り返り、そして来期に向けた目標発表もあり、
社員一同掲げられた目標に向かって、より一層精進していこうと思える瞬間でした。

   

■顧問税理士による講話

こちらも期末ならでは、特別講師のラピードアクト顧問税理士をお招きし、
「給料と税金」について講話いただきました。

毎月の給与明細の項目について、分かっているようで分かっていない事がたくさんありました。

よく耳にする「給与」と「給料」の違い「手取り」と「所得」の違いから、
給料から引かれる所得税・住民税などの「税金」のお話まで、丁寧に説明いただきました。

また、ラピードアクトでとりいれている「社宅制度」と「住宅手当」の違いを知る事で、
会社が従業員の為を思ってくれている事がとても伝わります。
社員も話に興味津々で「貴重な時間だった」「もっと聞きたい」という声も多かったので、
次回も開催される事を楽しみにしています。

  

今回の期末帰社報告会は特別感がございましたが、通常の帰社報告会でも、
ディスカッションの時間を設けたり、社内勉強を行ったりと、毎月社員の成長に繋がる場を設けています。


  

そして、この帰社報告会後は、更に社員同士の親睦を深める為に社員親睦会を開催しています。
帰社報告会では話し足りなかったお話をしたり、コミュニケーションをとったり、
とても楽しみにいている社員が多くいます。

6月親睦会の模様はこちらです
ラピードアクト社員親睦会 in アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ – ラピー女channel (rapide-act-gl.com)

  

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  

当社に少しでも興味を持たれた方は、ぜひラピードアクトHPをご覧くださいませ。

管理部の秦と申します。 普段は、人事や営業事務、庶務関係に携わり、書類作成や技術者のサポートを行っています! 趣味は、美味しい物を食べる事です♪ よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。