社長に直撃インタビュー。創業のきっかけと、仲間と拡げる未来。

─ 窪山社長はラピードアクトを立ち上げる前はどういうキャリアを歩まれてきたのでしょうか?
専門学校に卒業後、福岡県内にあるIT企業に就職しました。
教育カリキュラムなどは特になく、OJTに近い現場で実践しながら覚えるというスタイルでした。
働いている以上、会社の役に立ちたいという思いが強く、新人で何も出来ないなりに出来ることを自ら率先し、どんなことでも作業として行っていました。
当時はやったことがないCOBOLの仕事も既存ソースから学習し、先輩方としっかりコミュニケーションをとることで、プログラムも徐々にではありますがさせて貰えるようになっていきました。

その後、さまざまなことにチャレンジしたい思いから転職し、派遣会社に入りました。
東京で勤務することになり、そこでフリーランスという働き方を知りました。
派遣社員でなくとも「色んな技術にチャレンジする」ことができると知り、福岡に戻ってからはフリーランスに転向しました。

フリーランスに転向してからは収入面や仕事量も安定していたのですが、1人に任される仕事を行うより、数人で行う仕事の方が、より大きく面白い仕事であることを確信しました。

─ その後にラピードアクトを創業されたのですね。
フリーランスは私にとっては孤独感が強かったですし、将来的な不安もありました。
ラピードアクトは元々起業をしたいと思って作ったわけでなく、それらを解消する何かのきっかけになればというくらいの気持ちでした。
ちなみにその時は従業員を採用していくことは考えてなかったです。

─ 人を入れたのには何かきっかけがあったのでしょうか?
以前、プロジェクトでかかわりがあったエンジニア2名から、私が起業したタイミングで一緒に仕事がしたいと言われたことがきっかけでした。
入社して貰ったあと、彼らのためにもしっかりした会社にしようと思いが強く生まれ、周りからも評価される会社を目指して採用活動をはじめました。

─ 社長は社員、人を本当に大事にされていると、愛情深い人だと皆さん口を揃えて仰っていました。
社員は大切な仲間です。
大事にするというより、この業界、この会社で個々が活躍して欲しいという気持ちは強いため、その接し方が良い方向に伝わっているのかもしれません。
「ここまでやれるのか!」「あれ、なんか変わってきたな!」等、社員の成長を見ると嬉しくなります。

時々お酒の場でも「どんなことをやっていきたいの?」と
声をかけていらっしゃるのはおなじみの光景です。

─ どういう社員が成長するなと感じますか?
人の話をきちんと聞いて、自身で考えて取り組みを継続をできる人は、成長するなと思いますね。
会社も同じですが継続、維持し続けることが一番難しかったりします。
当社では維持だけでなく、もっと発展させていきたいことから社員の成長も必須です。
これは社員にも伝えています。
会社が成長しても社員が成長しないと維持はできません。
また、我々はIT業界で社会に貢献しているということもあります。
さまざまな技術がアップデートされる中、それに当たり前のように順応するため、いまの自分に何が必要なのかを考えられる人、考える人はであることは大事なことです。
そのきっかけを会社は何らかの形で社員に与え続ける必要はあります。

反対に、成長が厳しいなと思うのは社会のマナーを大事に出来ない人です。
挨拶する、約束を守る、期日を守る等です。
さらに社会で働く以上は、自身のやることに責任を持つということも大事です。
歳を重ねると責任を持つ量と質が自然と増えてくると思います。
プライベートも同じではないでしょうか。
業界限らず社会のマナーを把握、理解して責任を持って物事に取り組むことは当たり前でないといけないと思っています。
極端ですが長い人生を生きやすくするためにも、ここについては場面によって、厳しく注意することもあります。私の自己満足が入っている悪いところかもしれませんが。

─ 社会のマナーを蔑ろにすると、周りからも信頼されなくなっていってしまいますよね。
先の責任の話しの続きで言うと、大きな責任を完遂させるためには、1人の力でどうしようも出来ないことがあります。
私も同じことが言えますが、そのためには力になってくれる仲間が必要です。
そのようなことから当社では、他人や仲間を尊重していくことも企業文化として取り入れています。

また、社員にはリーダーとして人と関係を持ち物事を進めていけるような人材になってほしいと思っています。
個人的な経験にはなるのですが、大きなものや複雑なものの方がやりがいを持って楽しく働けるはずだという思いがあり、それを社員にも経験して貰いたいと思っています。
やることが膨大になれば1人で出来ることが少なく、仲間が必要です。
さらに、仲間複数人でやるにしても、関わる方々を尊重し、良い関係を築けていないと難しくなります。
人と仕事をするということを前提に、人と信頼関係を構築する上で欠かせない日々のコミュニケーションや、思いやりをみんなには大切にして欲しいです。

─ ひとりひとりがリーダーになっていって…

 その先の未来として、ラピードアクトをどういう風にしていきたいと考えていらっしゃいますか?

1人が沢山の人と仕事が出来れば出来ることも大きくなります。
リーダーシップのある人が増えれば会社として出来ることはさらに大きくなります。
役に立つ範囲を拡大していき、社会に役立つ企業となり、またそれを社員一人ひとりが感じられる会社になることが今の目標です。
現在の社長は私ですが、ここもその中から次の候補が早く出てくることを期待しています。

— 最後に、窪山社長は自身をどんな社長だと思いますか?

みんなが主役だと思っているので、私は引き立て役ですね。
みんなが活躍や成長する姿を見るのが本当に嬉しいです。
人生困難はつきものですし、経験上、若いと特に色々悩みもあると思います。
私もみんなから見て良い仲間でありたいので、困ったとき相談したらアドバイスをくれる人、解決してくれる人、助けてくれる人と思ってもらえると良いですね。

— ありがとうございました!


続いて、社員の方々に社長のイメージについてインタビューをしてみました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。