立ち上げから1年。ラピードアクトの要、社長室に迫る。

―衛藤さんがIT企業が沢山ある中、ラピードアクトに入社した理由は何でしょうか?

窪山社長に惹かれたのが入社した一番の理由です。
各社の面接の中で、社長と直接面接できたのはラピードアクトだけでした。

その面接で、社長に「将来はフリーランスになりたい」ということを伝えたところ、
良いところだけではなく、フリーランスの厳しさやマイナス部分も教えていただき
そういったことを隠さずに教えてくれる会社、窪山社長は信頼できると思いました。

―最初は技術者として活躍されていましたよね。どういった経緯で社長室の配属となったのでしょうか。

2021年の7月に社長室は設立したのですが、当時、東京オフィス立ち上げ後の体制強化で、社長の業務が多忙でした。そこで、福岡を任せる人が欲しいということで、東京も福岡のことも知っていて営業経験があった僕が社長室として配属されることになりました。

いくつかの案件に参画する中で、1つのことを極めるよりも、幅広く多様な業務をこなしていくほうが自分に合っていると感じていたので、プログラマから社内の業務に変わることに抵抗はありませんでした。

ランチ中の衛藤さん

―社員も気になっているのですが、社長室ってどんな業務をしているのですか?

社長室と聞くと、秘書のような業務だと思われることが多いですが、実際は少し違います。
社長の考えを社員に伝えることを第一に、新規事業関連の手続きや、社長からの指示業務を行っています。

取引先や委託先の選定など、最初の取り掛かりの部分を担当することが多く、ある程度話が固まってきたら、担当部署に仕事を回す。例えるなら会社の窓口といったところでしょうか。

社長室の業務は、会社の全てを把握していないと業務が進まないところは大変です。ただ、与えられた仕事をこなすだけではなく、自分でやり方を見つけて探していくことが多いので、自分に合っていてとても楽しいです。

―今後についてはどう考えていますか?

ラピードアクトの展望として、近いうちに東京オフィスを1つの事業所として独立化させることです。
そしてエンジニアが社内でも活躍できる場所をより多く準備していきたいですね。

また「オリジナルの自社サービスを立ち上げを行いたい」と社長が良くおっしゃっていて、それを実現するためには、現事業のより大きな発展と会社の成長が大切だと考えています。

個人的には、ラピードアクトは社員の「これがしてみたい」を尊重する会社なので、
1からサービスを作るクリエイティブな部署なんかは、あっても面白いなと思いますね。

―社長室として、ラピードアクトに歓迎する人とはどんな人でしょうか?

みんなで新しいものを作ることが好きな人ですね。
社内システムやコラボランサーなど、システムを作っていく上でのアイディアは、作ることが好きじゃないと出てこないと思います。
さらに言えば、周りを巻き込んで手を動かせる人は、部署問わずラピードアクトで活躍できると思います。

やる気があれば誰でも活躍できるし、チャンスがたくさんある会社なので、ぜひ応募してみてほしいと思います!

―ありがとうございました!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。